イチバン人気の通信短大はココ!

大阪芸術短大(大阪芸術大学短期大学部)通信の評判

大阪芸術短期大学通信教育

大阪芸術短大の通信制には、芸術大学ならではのメリットが存在します。

実際にどのようなメリットがあるのか、特徴とポイントについて見ていきましょう。

大阪芸術短大はどんな学校なの?

大阪芸術大学短期大学部には教育学科があり、2年制の幼稚園コースと3年制の保育コースにわかれています。

このような幼稚園・保育園で働く際に必須とも言える「歌・ピアノ」の技術修得において、芸術大学であることを最大限に活かした高レベルの授業を受けられるのが大きな特徴です。

また、子どもたちと触れ合う中で必要となる表現力を磨くことにも力を入れているため、専門的な知識や技術などの資格面だけではない、豊かな人材の育成が評価されている短大です。

この他にもスポーツ・英語・芸術分野などあらゆる学習を通し、複雑化する保育・教育の現場において今求められる保育士の育成に取り組んでいます。

大阪芸術大学短大ではどんな資格の取得が目指せる?

2年制

2年制の幼稚園コースでは、「幼稚園教諭2種免許状」の取得を目指すことができます。

教育実習を中心とした、実際の子どもたちとのふれあいのなかで、幼稚園教諭としての仕事の大変さや楽しさを学びます。

資格だけではなく現場で充分に活躍できる知識を吸収できるため、保育・教育関連の学習は全くの初めてという人でも問題がありません。

3年制

2年制コースよりも1年間長い学習期間を活かし、「幼稚園教諭2種免許状」だけではなく「保育士資格」の取得を目指します。

こちらのコースも教育実習を中心とした子どもたちとのコミュニケーションを通し、ノートや参考書の中の世界だけでは身につかない”現場”での対応力を強化することができます。

「今社会が求めている保育・教育の人材像」をじっくり学べるコースとなります。

また、保育学科では昨今の少子高齢化で需要が増加している、社会福祉の現場で活躍できる「社会福祉主事(任用)資格の取得を目指すことが可能です。

こちらの資格取得を希望する場合は卒業に必要な科目の履修に加え、児童家庭福祉・社会福祉・相談援助・保育原理・教育原理の5つの科目の履修が必須となります。

大阪芸術短大を卒業した後の進路は?

この大学を卒業後は、保育所、児童養護施設、幼稚園、乳児院など取得した資格を活かした現場で活躍するチャンスが広がります。

自身の結婚・出産・育児の場でも大きく活用でき、人生においての知識・技術が学べる短期大学でもあります。

三角赤大阪芸術大学短期大学部・通信教育部の公式サイト